bokuwabakadesu

日々思うことをアウトプットするブログ

金払ってでもプライオリティパスを持っていけ

スポンサーリンク

f:id:bokuwabakadesu:20171204152940p:plain

バックパッカーにとって必需になりつつあるカード、プライオリティパス。

1年6ヵ月の世界一周中、このカードを使った感想をみなさんとシェアしたいと思います。

 

プライオリティパスって何?

ラウンジが使えるカード

まず簡単にプライオリティパスとは何か説明したいと思います。

ビジネスやレジャーなど旅の目的は違っても搭乗までの待ち時間は皆同じです。搭乗までの時間を落ち着いたラウンジにて軽食やお飲み物を楽しんだり、オフィス設備でお仕事をするなど有意義にお過ごしください。

世界1000か所以上の空港ラウンジをご利用できるプライオリティ・パスは、3種類のプランからお客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

引用:会員特典 | プライオリティ・パス

簡単に言うと、空港のラウンジが使えるようになるカードです。

 

ラウンジでは様々なサービスを基本無料で受ける事が出来ます。 

例えばこんなサービスです。

  • ソフトドリンクやアルコールなどの飲み物
  • 食事
  • フリーWi-Fi
  • 充電
  • 新聞や雑誌
  • シャワー(無いところもあり、また有料の場合もありました) など

ラウンジ内にはフワフワなソファーがあり、人も多くないのでとてもリラックスできます。

 

どこでも使えるの?

一口にラウンジと言ってもいくつか種類があります。

  • カードラウンジ
  • プライオリティパスラウンジ
  • 航空会社ラウンジ

この3種類だったと思います。

 

ですので、プライオリティパスであればプライオリティパスに対応したラウンジしか使えません。

どこが使えるかはネットで検索できますし、ラウンジの入口にもちゃんと書いてあります。

参考:ラウンジ検索 | プライオリティ・パス

ちなみに、航空会社ラウンジが一番豪華らしいです。

 

取得方法は?

プライオリティパスのサイトからでも申し込みは出来ますが、断然おすすめはクレジットカードの付帯サービスを利用したほうがお得です。

なぜなら年会費がぜんぜん違うからです。

 

プライオリティパスのサイトからだと、利用無制限での申込みだと4万円以上してしまいます。

f:id:bokuwabakadesu:20171123171444p:plain

参照:会員プラン | プライオリティ・パス

 

それが例えば楽天カードであれば、楽天プレミアムカードの年会費10,800円だけで無料でプライオリティパスを申し込むことが出来ます。

f:id:bokuwabakadesu:20171123172519p:plain

参照:楽天プレミアムカード|楽天カード

 

プライオリティパスを持つメリット

バックパッカーこそ持つべき

 「プライオリティパスを持ってればラウンジを使えるのは分かったけど、わざわざお金払ってまで欲しいと思わないわ。」

とか思ってません?

ぶっちゃけ、年1回短期旅行しかしない人には不要だと思います。

行きと帰りの2回しか空港使わないし、旅行中も良いホテルに泊まってるんだろうだから、ラウンジなんか使ってないでスタバでティーラテでも飲んでろって思います。

 

ただバックパッカーはそうではないですよね?

  • 空港何度も使う
  • 安いゲストハウスばっかに宿泊
  • 空港泊なんて当たり前
  • 普段は豪華なご飯なんて食わない
  • お酒なんて贅沢品

こんな感じの人多いと思います。

 

安いゲストハウスに泊まってると、Wi-Fiの調子が悪くて調べ物何も出来なかったてこともあります。

ラウンジならWi-Fiサクサクです。

 

節約したいから、普段はご飯をお腹いっぱいまで食べられないなんてことも。

ラウンジならお腹いっぱい食べられます。

 

お酒高いし、飲むのは控えようと思うことも。

ラウンジなら飲み放題です。

 

このプライオリティパスのお陰で生き返っているバックパッカーを、僕は何人も見ました。

バックパッカーにとってラウンジはオアシスなんです。

そんなオアシスをプライオリティパスを持っているだけで使えるなら、安いもんだと思います。

 

シャワーが本当にありがたい

僕が特に恩恵を受けていたのがシャワーです。

暑い国だと空港までの移動だけで汗だくになってしまうことも。

そんな時には必ずシャワーを利用していました。

 

安いチケットで遠くまで移動となると、乗り継ぎありで2〜3日掛かることもザラですよね。

そんな時も利用していました。

 

1番ありがたかったのはヨハネスブルグの空港で搭乗拒否にあった時。

目的地のアルゼンチンからの出国チケットがないということで飛行機に乗せてもらえず、ヨハネスブルグで足止めを食らってしまいました。

結局2日後のチケットしかなくそれまで空港泊。(ヨハネスブルグは治安が悪いと有名だったので、空港の外にでかい荷物を持って出る勇気はありませんでした)

ヨハネスブルグに来る前も、ケープタウンからの夜行バスに乗っていたので3日以上風呂に入れませんでした。

無事チェックイン出来た後に浴びたシャワーは本当に気持ちよかったです。

 

終わりに

バックパッカーとして長期の旅行に行くなら、持っていて絶対に損はないです。

むしろ持つべきです。

ワンランク上の旅行になるでしょう。