ぼくはバカです

日々思うことをアウトプットするブログ

無印良品の脚付きマットレスが最高の予感

スポンサーリンク

f:id:bokuwabakadesu:20171204152013p:plain

やっと本日、引越し先のネットが開通しました。

ネットがなくてどうしようもなかったので、部屋を借りて2週間以上経ちますが、夜は違うところで寝てました。

これでまともに暮らせそうです。

本格的に暮らし始めるにあたって、まず購入したのがベッドです。

 

 

布団か、ベッドか

僕は基本的に畳の上に布団で寝るのが好きです。

前に住んでいた家は畳の部屋があったので、実際に布団で寝ていました。

しかし今回借りた部屋は、フローリングのワンルーム。

直に布団を引いて寝るのはカビなどが発生しそうで嫌だ。

かといって、すのこを使うのもスマートではない。

ということで、ベッドを購入することにしました。

 

シンプルイズベスト

ベッドに求めたのは、とにかくシンプルであり安っぽさがないこと。

僕はアイアンを使った家具が好きなので、ベッドもアインフレームにしようかと思ったのですが部屋に置いた感じをイメージすると結構存在感ありそう。

なんか違う気がする。

もっとシンプルが良い。

いろいろ調べてみると、これ良さそうと思うものがありました。

それは無印良品の脚付きマットレスです。

商品名通りマットレスに脚がついただけの、限りなくシンプルな商品です。

インスタやブログで実際に買った人の意見を参考にしてみても、そんなに悪くない。

 

ポケットコイルか、ボンネルコイルか

無印良品には「ポケットコイル」と「ボンネルコイル」の2種類のマットレスがあります。

ボンネルコイルは全体でバネが連結して入っているので体を面で支えます。人は横になったときに出っぱっているところと引っ込んでいるところが必ずできてしまいます。一枚の面で支えるということは、例えば仰向けに寝たとき、背骨がS字になっているので出っぱっている肩甲骨とお尻で体重を支える状態になります。弾力があって硬めの寝心地です。

ポケットコイルはひとつひとつ独立したバネがびっしりと並べられているので体を点で支えます。バネが独立しているので、沈むところは沈んで沈まないところは沈みません。仰向けに寝たときに、肩甲骨やお尻のところは沈み、腰のところは沈みません。マットレスが体にフィットするので体全体で体重を支えます。沈み込むような柔らかい寝心地です。

引用:だから「ベッド」と名前がついてないのです!脚付マットレスのひみつ | 団地のシェアルームに暮らす男3人の住まいレポート | 無印良品の家

 簡単に言うと、面で支えるか点で支えるかって違いみたいですね。

 僕はあんまりこだわりがないのでどちらでも良いのですが、念のため実店舗で実物を見てきました。

その結果、どっちも良いという結果になったのでより安いボンネルコイルのマットレスにしました。

 

購入

購入はネットからしました。

11月23日購入で、最短の配送日は3日後の26日でした。

代金はマットレス+脚+設置サービス+配送料で、18,450円。

ちょうど無印良品週間で10%OFFだったのと、配送料が無料だったので少し安く買えました。

 

到着

f:id:bokuwabakadesu:20171126140252j:plain

26日の午前中、到着しました。

設置サービスを申し込んでいたので、10分ぐらいで作業終わったし、ダンボールも持ち帰ってくれました。

これから買う人は、設置サービスを絶対に申込んだほうが良いです。

楽できます。

 

実際に家に到着した感想は、「良い!!」。

ちょうど良いです。

圧迫感もないし、部屋に馴染みます。

まだシーツとか買ってないから、さっそく買ってきたいと思います。

シーツをつけたらまた雰囲気が変わりそうですね。

 

まとめ

まだ1回も寝てないので寝心地は分かりません。

でも最高の予感しかしません。

これから寝るのが楽しみです。